予防はしていたにもかかわらず、いつぶりか風邪をひいてしまった2018.10.22

おはようございます。

kazuminです。

先週金曜日の朝から、なんとなーく喉がイガイガしていたんです。
お!これは気を付けないとヤバイことになるつて、ビタミンC摂取、お茶でのうがい、手洗いはいつも以上、丁寧にやりました。

土曜日は、鼻水が出はじめて、痰がからむようになってきました。
手持ちの薬を飲み、たっぷり寝ることにしました。

日曜日も、ゆっくり休み、それでも治らないんです。
どうしてもの用事をすまして帰ってきました。お風呂に入り、バタンキューして、朝まで、寝られました。その間鼻水と痰で何度か起きましたけど。

月曜日起きてから、鼻水、痰(緑色に近い)そのうえ、咳が出できてしまいました。
あー、これはこれ以上悪化させてはいけない。気管支喘息を患っているので、こうなった時の対処方法は、主治医より伝えられているので、実行しました。

私は、市販薬、総合感冒薬は効き目がないんです(悲)
なので、ステロイド剤(プレドニゾロン)30mgを3日~5日服用します。
鼻水・痰に対しては、カルボシステイン(ムコダイン)を服用すること。で今までは治っていました。

まあ、とにかく、喘息に移行しないように、しないとです。
今日、明日、頑張れば24、25日が休みだあ。どちらにしても、これ以上悪化したら、病院へ行きます。
1つラッキーなのは、熱がないだけです。

10月に入り、今までの疲れがだんだんと出てきたことから、体調不良になる前触れはあったのです。
自分の体を甘くみていました。

今のところ、食事は大丈夫です。バッチリ食べられていますので。

お友達も風邪の治りが遅かったとの報告もありましたので、くれぐれもお気を付けて下さいね。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうごさいました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。