節分イベント・お昼ごはんに工夫がされていて納得・リハビリの合間に楽しめた2019.2.3

こんばんは。

kazuminです。

今日は2/3、節分の日ですね。
いつもはあまり気にしてませんが、入院中だと、季節ごどのイベントがあるので、特にチェックします。

お昼ごはん

お昼ごはんでは、嬉しい巻き寿司、いなり寿司、豚汁その中に豆がありました。そしてデザート(いちごゼリーのヨーグルトかけ)、どれも美味しく完食しました。
豚汁の中の水煮大豆が入っているのにはビックリしました。投げられないけど、中に入っていましたよ。
メニューみたら、豚汁じゃなくて、鬼除け汁(おによけしる)と書いてありました。
私ははじめて知りました。

おによけしるマルコメさんからのレシピがありました。

節分イベント

イベント節分、赤鬼、青鬼登場です。リハビリの男性スタッフが鬼役でした。鬼めがけて、豆を投げるのですが、豆は新聞紙を丸めた、テニスボール位の大きさかな?をテープで止めたものです。
これなら、患者さんも投げやすく、安全だからです。
本物の豆だど、後片付けが大変、踏んで転ばないように、落ちたものを口にしないようにと、衛生面のことを考えて 、いたのです。

これは納得

鬼さんと豆の写真はありませんが、ひいらぎいわしの絵を切って、お部屋に飾りました。
このひいらぎいわしのこも知りませんでした。

どうやら、節分で飾られる魔除けの1種。柊の枝に鰯の頭を指したもの。鰯の臭いと柊の刺により鬼が入らないと言われている。そうです。

最後に

いろんなことに触れ合う機会はなかなかありません。この入院中にしっかり、楽しんでいきたいです。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。