4月からの入れ替わりで主治医が変わってしまうのは残念2つの診療科でのことそれでも新たな信頼関係が生まれることを期待する2019.2.27

こんにちは。

kazuminです。

私がかかっている大学病院の主治医2人が4月から異動で、かわってしまいます。残念なことです。

呼吸器内科ドクター

1つ目は私にとっての1番の痛手が、
呼吸器内科のDr.Uです。私の気管支喘息は難治性です。主治医とは5年間の付き合いになります。この間何度も、いろんな薬を試したりしました。「ヌーカラ」が1番私に合っているようで、こちらを4週間に1度皮下注射しています。その他にも薬服用していますが、このヌーカラのお陰で、吸入薬を入れて3種類になりました。
とても親身になって、診ていただきました。ありがとうございました。
後任は1時期診ていただいたDr.K。記憶は確か、物腰が良かったような感じです。
今後も先生を信頼して行きます。

たまたま今日2019.2.27の診察補助だった、Dr.Sは入院中の主治医でもありました。途中からは診療科が神経内科に転科しても、併診で診て下さっていました。結局、退院(転院)の日は挨拶も出来なく、心残りでした。
Dr.Sとは、会釈だけでしたけど。Dr.Sとはまたお会い出来るかな?

産婦人科ドクター

2つ目は産婦人科のDr.S。以前に診ていただいた、同じ名字 (みょうじ)のDr.S名前で読んでいました。
全ての臓器(卵巣・子宮)が全摘になった時、僕じゃ無理なので、K先生にお願いするから。僕は卵管ならやれるけどね。プロに任せるから、安心して大丈夫。って言って、今までの先生に診てもらっていたなか。

これは確か今から5年前のことだったと思います。
ホルモン療法を進めていた頃、副作用がかなりではじめ、もう子供のことは考えないで、全摘することを決めたのを今でも思い出します。

その後は定期的にホルモン補充療法をするのに通院していました。年齢でまだホルモン補充療法をしておいた方が良いとのことですから。
アイキャッチ画像の「ジュリナ」です。これを朝1錠服用ですんでいます。

私の産婦人科ドクターは、領域が産科になります。最初にかかったドクターが不妊治療の最先端に関わっていたからです。
ギリギリまで、子供のことを粘りました。しかし、私からもうこれ以上のことは望まないし早く卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症から楽になりたかったのです。
この過程を知っている後任のDr.Sなので、信頼して診て貰おうと思ってます。

この2人の先生に感謝です。
本当にありがとうございました。

今日も、最後まで読んでいただいた、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。