医療費控除スマホでe-Taxが出来た平成30年度からはカードリーダーが必要なくなったことで、助かった

こんばんは。

なんだか、医療費控除スマホでe-Taxをやったことで脱げ柄になってしまったkazuminです。

昨日2019.3.7の夜から下準備からはじめて、入力まで出来ました。
やればできるじゃんと、1人で満足に浸ってました。

翌日、2019.3.8は姉から父親の分の必要コピーをしておくように言われました。
よっしゃ、サクサクと進むではありませんか。
父親の計算をしている時に、大事な入院中の食事療養は対象になることに気付いたのです。

まず、父親の分の下準備完了しました。
私の任務が終了。

次は自分の修正です。
はじめは、めんどくさいと思ったのですが、金額が増えるのは確かと思い、修正をかけました。

そしたらなんと、5000円近く、かわりました。もちろん増えましたよ。
めんどうがらずに、やるものですね。

昨日やった復習e-Taxで修正し、送信出来ました。
パチパチです。

こんなことを昼間やり終わったら、脱力感に陥り、変な時間にお休みタイムしちゃいました。
あーあ、まだまだやることあるけどね。まっいいか。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。