病棟クラーク(事務)の仕事、大まかなことは出来ることは助かってる2019.6.20

おはようございます。

6/19(水)は自部署、兼任部署もバタバタの1日でした。
以前に2日間クラークの仕事を教わったことがあったので、助かったと感じたkazuminです。

クラークさんがお休みだと、ヘルプのクラークさんがお手伝いしてくれます。一応時間で来てくれます。それでも、いない間にやらないといけないことがあります。
こんな時は、リーダーがやるんですが、この日はリーダーもバダバタでした。
タイミングよく、私のちょっとあいた時間に、済ますことが出来ました。

こんな時、やっていて良かったあと。
クラークさんに教えてもらっていた時は、必死こいてやっていたもんね。しかも自分用マニュアルをみながら。

今では、マニュアルを見ないで、出来ます。すごいじゃん、私って。感じてます。

どの人も欠けると、大変です。だからこそ、コミニュケーションは必須です。
途中までの処理を終えた所で、検査出しに声がかかりました。リーダーは後やっておくからそっち行って。と声をかけてくれました。
ここまでやったので、あとは2人の実施をお願いします、と報告して、検査出しに、行きました。

全てが自分でやる訳ではなく、頼める相手がいれば、そうします。

夕方、入院の準備をしていたら、ヘルプのクラークさんがやってきて、何かありますか?準備、私がやりますか?それとも、最終ラウンド行きますか?
途中であったため、ラウンドをヘルプのクラークさんにお願いしました。

これで、無事に自分の仕事も、クラークの仕事も終わることが出来ました。
後は、明日の情報修正をして、あがりました。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。