電車でドアの端っこをゲットしたら、もう譲らない2019.6.19

おはようございます。

最寄り駅の次の駅で、早々と電車のドアの端っこがゲット出来て、ラッキーなkazuminです。

電車の端っこをゲットするのは、ブログ書く、本を読むなどに便利です。寄りかかれることですね。

でも、ここって、戦いの場所でもあります。
後から乗って来る人に、奥へ行ってもらいます。
私は降りるまで、ここの場所を維持します。そう出ないと、流され、どんどん自分の居場所がなくなりますので。

職場の最寄り駅があまり、人の出入りがありません。(私の通勤時間では)なので、奥から出てくるには大変なんです。

こんな工夫をしながら、電車通勤をしています。
この記事も、この端っこで書いています。

さあ、今日は1日忙しいです。相方さん、クラークさんがお休みで、やること満載です。しかも、退院3名、予約入院1名、きっと、退院の所にも緊急入院はあること間違いなしかな。

とにかく、スタッフと、連絡・相談・報告、コミニュケーションをとりながら、乗り切ります。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村田 佳寿美

医療従事者21年目、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったり、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、私自身の経験、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。

このことが、他の方に参考になれば、幸いです。

介護福祉士、健康管理士一般指導員
BLSプロバイダーコース