立ちながら他の動作をすることの難しさをリハビリをして気付き、その中で48ピースのパズルを完成出来た喜び2018.12.18

こんばんは。

療養中のkazuminです。

12/14に転院してきてから、リハビリが1日に4回(理学療法・作業療法)があります。基本的に午前、午後に2回ずつです。時たま、どちらかが、1回になることもあります。

私の目標は、仕事復帰なので、これをリハビリの中に取り入れくれてます。

この48ピースのパズルは、12/16(日)にスタートしました。パズルなんて、いつ以来のこと?とても戸惑いましたが、しばらくやっていると、ハマっていました。
ゴムの台紙に組み合わせていく。頭も使い、立っている。とりあえず、疲れない位でやってみました。10分でひと休み、その後5分頑張りました。
自分が思っていたようには、進みませんね。また続きをやれるように保管してくれました。

そのパズルの続きを12/18(火)午前と午後やりました。まず、午前中に休憩を入れないで15分立ちっぱなしが出来ました。
まだパズルは完成しませんでした。あともう少しの所でしたが、足の疲労と頭の疲労がいっぱいになったので、中止に。

リベンジで午後に、その続きをやり、5分位で完成しました。

この達成感、満足でした。その時の作業療法士さんと喜びをわかちあいました。

完成した48ピースのパズル、これは写真撮らないわけないでしょ!
しっかり許可をもらい、パシャリと。
それをアイキャッチ画像にしました。

自分の足でしっかり立つこと、時間がたつにつれて、だんだん楽な姿勢になってしまうんです。今の私では15分正しい姿勢で立ちながら、パズルが出来ることがわかりました。

次回パズルやる時は、ピースを増やして、立ってる時間が増えることを望みます。

こうやって少しずつ、1日事にやっていきます。出来なかったことを悔やむのではなく、今の自分にはここまで出来るなんて、スゴイとほめることにしました。
ポジティブにやっていかないとね。

明日は何をやるのかな?とワクワク、ドキドキしながら、明日に疲れを残さないように、もう寝ます。おやすみなさい。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。