仕事の仕方、人それぞれあるけど、ただ言われていることをやってるだけじゃねぇ2019.6.25

おはようございます。

何だかなあ、ちょっとボヤきたくなったkazuminです。

職場の相方さんのこと、確かにいてくれるのは、私にとって有難いです。作り物、掃除が好きなので、率先してやってくれます。
しかし、なんでも自分は出来ている、言われなくても知っていて出来ると思っているのです。

かなり、頑固です。お国がらの所もあり、コミニュケーションがとれない所もあるせいなのか。

シャワー介助の患者さん、率先してやってくれました。その日は彼女に任せてます。
リストに上がってある患者さんの他に、イレギュラーのことがあります。

入院の患者さんで翌日手術であったりします。
まさにそうでした。私は把握していましたが、彼女がどう対応するか待っていました。

10時すぎに入院の患者さんが来て、シャワー入ることが、リーダーさんより伝えられました。
そこで、ケア表に記入しました。

彼女がシャワー介助の患者さんを済ませて戻ってきました。
じゃあ、今日は終わりね。って、言っています。

退院の把握は出来るようですが、どこに入院があるか?疾患名は何か?手術の患者さんなのかを知りません。
これは昨年から何度も教えています。

結局、シャワーのある部署と時間の兼ね合いもあるので、メモに書いて、担当者に伝えて来るように言いました。

担当者も、わかってくれていたようで、助かりました。

1年たっても、変わらず、まあ、少しは、覚えてくれていることもあるか、
仕方ないと思うしかないですね。

こんな愚痴り話をしちゃいました。
それでも、仕事復帰して、休まず、やってこれるのも彼女がいるからなのです。

次、出来た時は褒めてあげようと思っています。多分、無理かな。

まっあ、いいやあ。仕事の分担をするしかありませんね。

他の部署の方から、2人もいていいわね。と言われます。
理由を言うと、あー大変なのね。
確かに、村田さんがいない時は、ナースが大変そうだった。と言っています。
このように、わかってもらえると助かるんですよね。

今日は、お付き合いしていただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。