六本木3丁目のカフェ高麗屋でのランチに変更して正解・六本木1丁目でランチしようといたらタイミングが悪かった2019.6.27

こんにちは。

仕事がお休みで午後から六本木3丁目にお出かけのkazuminです。

はじめに

午前中に用事をすませてからで、この用事が、思ったより、早く終わり、六本木でランチすることに決めました。

六本木1丁目のビルでは、どこのお店も行列、3丁目のお店もタイミングが悪く、満席。しかも、しばらく空きそうもない。
なので、行く予定の場所の近くのカフェ高麗屋でランチをすることにしました。

六本木3丁目カフェ高麗屋

お店の雰囲気がとてもよく、和み、落ち着きました。時間があれば、もっとゆっくりしていたかったです。

そういえば、六本木3丁目に来ることはないのか?

注文したものは、「2種の副菜と手作り蒸しパン、サラダ、スペシャルコーヒー」です。税込1,300円(20196.27現在)スペシャルコーヒーは100円プラスでアイスコーヒーに出来ます。
米粉で作った手作り蒸しパン、グルテンフリーなので、安心して食べることが出来ました。

サラダはしっかり噛むことが出来、食べ応えがありました。
蒸しパンはほんとにやわらかい、あっという間に食べられますが、ゆっくり味わいながら、食べました。
タイミングをみて、コーヒーを出してくださり、美味しく飲めました。
食器類がこれまた、素敵でした。これが和む理由かな。

最後に

結果、六本木1丁目のお店、3丁目のお店も満席だったのが、良かったんですね。気持ちよく、目的の場所に到着出来、その後も心地よい日を送れました。

地元にもこんな素敵なカフェがあったらな。
今まで六本木3丁目でお店の前を通っていて、気になっていたお店だったんです。
お店の人とも、お話が出来ました。
きっと、私はこんなお店が好きなんだなあ。
食の大事さを感じた日でもありました。

カフェ高麗屋

東京都港区六本木3-4-16IDAKIビル1F

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。