リハビリで膝をついての動作をしてる時になんとなく座ったら・正座が2018.10.30ぶりに出来て超嬉しかった2019.1.10

こんばんは。

kazuminです。

午後の理学療法のリハビリ時のことです。
午後からのリハビリは階段を使うことになっています。今日、明日も受け持ちさんがお休みなんです。そこまで、伝わってなかったようで、作業療法士さんも今日はお休みです。
エレベーターで降りようとするので、昨日Kさん(受け持ちに理学療法士)から言われたので階段でお願いします。と。

問題なく降りれました。良かったあと。
軽くストレッチをして、お尻上げ10回を3セット。お尻上げ5秒キープ10回3セットをなんとか出来ました。少し息切れ。でも、すぐに回復しました。

その後、膝をついて、姿勢に気を付けて横に移動します。これを5往復です。さすがに疲れました。その時です。あー疲れたあと言いながら、マットに膝を曲げお尻につけたのです。
これって、正座だよね。って。まだ完璧な正座ではないですが。
思わず理学療法士さんと一緒に喜びました。
意識はちっともしてませんでした。なにげない動作でしたから。

1日ずつ、新たな発見があります。
何せ、目標が仕事復帰ですからね。これには、かなりのリハビリが必要です。

今まではなんとなく、与えられたリハビリをやるだけでしたから。
昨日から作業療法からの宿題がもう1つ、自分で出来るストレッチ5種類10秒×2セットを午前と午後1回ずつです。

これからは、どんどんと宿題が増えて来ますよ。その内、理学療法からも宿題が出るらしいです。

この中で、ブログ書き、ポジティブ日記、読書、家族とのやり取りをどこに入れていくかを考えていかないとです。
宿題が増えて来る分、体の疲労も増えるので、就寝時間は消灯時間の21時でないと難しいかもしれませんね。

今後、調整していきます。

アイキャッチ画像は、病院の駐車場の所にあります。なんだか和みます。

後は、ブログをFacebookにシェアして、ポジティブ日記を書いて寝る準備です。あー21時まで、あっという間だあ。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。