仕事復帰して会いたかった人に会えて嬉しかった2019.6.12

 

おはようございます。

仕事復帰して、なかなか会えなかった師長さん、産休後に復帰していたナースさんに会えて嬉しかったkazuminです。

委員会の師長さんと会う

この日6月12日、昼休み食堂で御飯食べた後に、2018年度担当していた委員会の師長さんとようやく会うことができました。師長さんは2019年3月より異動していました。
いつも食堂で御飯を食べていることは知っていました。なのでいつかは会えると信じてました。
ようやくです。私が食べて下膳した後に、声をかけました。
病気のギラン・バレー症候群シェーグレン症候群のこと、委員会のことの話ができました。師長さんより、大変だったね。よく戻ってきてくれたね。と。こちらも嬉しいことです。以前より、師長さんの食事時間が早くなっていました。以前の病棟より、少しは楽になっているのかな?

産休後のナース

友達からは外来に復帰しているよ、教えてもらっていました。なかなか、そちらに行くことがありません。でもいつかは会えるよねと信じてました。
私は、検査搬送をしていました。患者さんがいたので、たくさんは話せませんでした。それでも、嬉しくなりました。患者さんも、よかったわね、一緒に喜んでくれました。

最後に

会いたい人に会えるなんて、思ってもみなかったです。引き寄せかしら?なんて、勝手に感じてます。

場にはいろんんな職種の人がいます。リハビリテーション病院で関わった人や、ローソンの店長、副店長他たくさんの人との再会しました。とても嬉しいことです。仕事する上で安心できますからね。
逆に、しばらくいなかったよね。どこにいる?無理しないでね。またよろしくね。と声をかけてくださるのが、仕事復帰できてよかったと、思うのです。

後、一人会いたい人がいるんだなあ。友達に聞いても、私も会いたいのと。
もう少し待って会えなかったら、社内メールでも送ろうかと思っています。
忙しくバタバタした日でしたが、嬉しい1日になりました。

アイキャッチ画像は職場の通路に咲いている紫陽花です。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。