3時間かかっていたブログエントリー作成が1時間継続できる情報発信の実践方法をものくろキャンプで学んで実際に書く時間が短縮できた2019.4.28

こんばんは。

ここ数日、ブログ更新が出来ていない、出来ても時間がかかりすぎなkazuminです。
そんな私のためにあった講座、『3時間かかっていたブログエントリー作成が1時間で継続できる情報発信の実践方法』/ものくろキャンプに参加してきました。講師は私にとって、ブログの師匠ブログコーチのものくろさんこと、大東信仁さんです。

この講座を受けることになった理由は?

4.16にブログ2周年の記事を書き上げてから、消耗してしまい、書いても時間がかかりすぎて、めんどうになってしまいました。その前に講座申し込みはしてましたけど。
書くのがやっとだったんです。
今までは、書ける記事は、30分もあれば書けていたのに。それが、なんでかな、書くことが止まってしまいました。

まあ、ここの所の私には、必要とするものが、どんどん舞い込んできます。

学んだことの気付き5つ

完璧を求めない

完璧のブロックをはずすこと。→これに関しては、何度もぶちあたっています。2周年記事も何度も何度も書き直しして、ギリギリで投稿していました。
こうでなきゃ、いけない。などが出できてました。

記事書いてSNSにシェアする時のコメント

記事書いてSNSにシェアする時のコメントにいつも、頭もかかえてました。
→見つけた時のことを書くといいらしい。なので、ブログを書く時のはじめの段階での、発見のことを、書いてみます。

記事の構成

はじめはシートを使って書いていくと、段取りが出来て書けること。
記事の構成から外れたものは、別記事に書くことも必要。
今まではこれも一緒に書いていたから、チグハグな記事になっていたんだと、わかりました。

Markdown記法

これはモブログ講座で知っていたのですが、プラグインをonにしていなかったので、出来てませんでした。
やってみたら、簡単に、見出し、強調もつけることが出来ました。

プレビューでチェックするのは、1回だけにする。

ついつプレビューして、気付いてあちこち修正、更に、また次に変更をしてしまう。
これを1回だけにすれば、時間の短縮にもなります。
後は、間違っていても、いいやと思い、公開することです。
とにかく、ハードルを下げることです。
自分でどんどんハードルを高くしているようです。

この5つをもとに、書いていけば、今まで書いていた時間が短縮出来るはずです。
いや、短縮出来ました。同じ文字数でも違ってます。

この位の内容の記事を書くのに3時間くらいかかっていたようです。
この記事は、1時間くらいでした。
今日学んだ成果の現れですね。

まとめ

今後は記事を書く前の段取りを大事にして、5つのことにそって書いていきます。
この講座を、受ける前までは、なんとなーくしかわかっていなかったことが、明確になり、時間短縮で書けました。

ココ最近、ブログ更新出来ていなかったこと、書けても時間がかかりすぎていることが、どうやら解除できますね。
ご一緒された方、ありがとうございました。

今回も、ラストスパートの前に目を休ませるために、めぐりズム 蒸気でホットアイマスクをかけて、瞑想。そのお陰で、時間内になんとか書くことが出来ました。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。