ボディメイクをしてから、前向きに考えられるようになっている

おはようございます、Kazuminです。

ココ最近思ったこと

ボディメイクを7月からはじめて、プロから学び、実践してきました。
はじめのうちは、何するにも大変でした。今までの習慣を変えることからのスタート。
これがまあ、大変なこと。いかに食事の偏りがあったかが、ハッキリしました。私の場合、炭水化物が大好きだったので、それを減らすことからはじまりました。

朝起きてから体重測定、毎食のメニューの写真、これを専用のLINEで毎日報告。週に2回、トレーナーよりフィードバックがあります。
これで、励みになるのと、修正する所、継続することが明確になり、モチベーションもあがりました。

トレーニングのフォームが正しいかを動画でチェックしてもらったりと、全てに安心してすすめられました。

イベントもあり、全国各地からのメンバーとリアルで会い、話せたこともよかったです。

現在、まだ納得ラインに到達していませんが、少しずつ近づいています。
7月から9月までの3ヶ月がスクールでしたが、おかれる環境を重要視して、アフタースクール(1年)に入校しています。現在は報告、フィードバック(月に2回)は緩くなっています。

まとめ

このボディメイクで勉強したこと、実体験したことにより、全てに前向きで考えることが出来ました。
正しいことを伝えること、自信が持てるようになりました。

先日、トレーナーとの面談があり、大変ビックリされてました。10月の卒業イベント以来だったので、なおさらかな?
そこでも私のやるべき事、今後のことのアドバイスをもらうことができました。

そして、繋がりがさらにひろがりました。

アイキャッチ画像は、トレーナーのジムに行く途中にある橋からとったもので、こちらのは、同じ所で時間がたってからのもです。

さあ、少しずつ進めていきますよ。

今回のボディメイクの内容を後日、記事にしたいと思います。しっかりと明確になるでしょう。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

via PressSync

投稿者プロフィール

kazumin
kazumin
医療従事者18年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。