学びを結果に変えるアウトプット大全/樺沢紫苑著 アウトプットすることで、人生ハッピーになれますよ!

おはようございます。

kazuminです。

精神科医・作家である樺沢紫苑先生の新刊『アウトプット大全』は、人生はアウトプットで変わるとあります。今までの樺沢先生の本の集大成のように思えました。

とても具体的にわかりやすく、イラストが入っており、実際の行動紹介をしてあります。
あなたの成長を加速させる80の方法が書かれています。

本を読みながら、レッスンしていけるようになっています。読みながら、ワクワクしてきました。

その中で私が実践してきたこと、足りてないことを5つあげてみたいと思います。

インプットとアウトプットの黄金比は3:7である

以前の私はインプットして満足していました。知っていても、聞いたことがあっても、それを言葉に発したりしないと行けないんですよね。
本を読んで理解は出来てましたが、それを実行・実践することが、なかなかできていませんでした。
現に、今もそうです。

この黄金率になるよう、日々の努力をしていきます。まだまだ、私のインプットとアウトプットの比率は、逆の7:3位かな?
インプットする時は、アウトプットすること前提ですることを心掛けていきます。

そして、フィードバックをおろそかにしていました。なんだか、怖かったんですよね。
インプットして、アウトプットして満足していた私。これからは恐れずに、フィードバックという見直しをしていきます。

感謝する!

全てがうまくいく魔法の言葉「ありがとう」「感謝は健康にいいの」

感謝の7つのメリット
1.感謝すると人間関係がうまくいく
2.感謝するだけで幸福度が25%アップ
3.感謝する人は9.4年長生きする
4.感謝する人は病気になりにくい
5.感謝すると免疫力がアップする
6.感謝する人は病気の回復が早い
7.感謝するだけで痛みが軽減する

P.107より引用

感謝することで、この「ありがとう」の一言で、人間関係はもちろんのこと、良い方向に物事がすすんでいきました。なんてこの一言「ありがとう」素晴らしい言葉なんでしょう。

あいさつをする!

あいさつは「あなたを認めてます」のサイン
あいさつはコミュニケーションの入り口です、って。

確かに笑顔で元気よくアイコンタクトしながら、あいさつをすることで、親密度アップしますね。

このあいさつを自分から笑顔で行うことは、定着しています。これは自信を持ってできます。

これは、私のミッションでもあります。仕事での2018年度活動基準の中の1つでもあります。
「笑顔で自分から先にあいさつをすること」と。

行動する。続ける!

「自己満足」を「自己成長」に変える
結果を出すための究極の成功法則

気付き インプット→TO DO アウトプット→実際に行動する DO
昨日までの行動と今日の行動に変化がある。これが自己成長なんです。これを続けることですね。

私は2017.7からボディメイクをやっています。今も継続中です。
これが継続出来ているのも、楽しみながらやれて、ちゃんと結果が現れているからなのでしょうか?

働ける健康な身体をつくること、それには、『食事・運動・休養』のサイクルを回すことで出来ています。

最後に

この5つの気付きをひとつずつ、こなしていきます。
2017.4.16よりブログを書いています。確かにアウトプットすることで、正しい情報を伝えることで、自分自身も、成長できるんだなあと、実感しています。
これからも、アウトプットの一環でブログを継続していきます。

私はこのブログ内容の主だったことは、ボディメイクの記録に食事内容を。読者の方からの反応が嬉しいです。
最近では、自分の思っている心のことを言葉に出せるようになっています。
これも、何度もやっていることだからなのです。

とにかく、アウトプットして自己成長したい方、人生を楽しくハッピーにしたい方、是非読んでみる価値ありますよ!

これからは、情報発信していかないと取り残されてしまいますからね。今からでも遅くありません。

今日は、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者20年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。