クリニックの待合室、採血室に癒しのもの発見許可もらって撮ってみた 2019.4.2

こんばんは。

kazuminです。

寝るって書いておきながら、気になってしまったので、書いています。
父親の付き添いでクリニックに行った時のことです。

待合室には

待合室には懐かしのケロちゃんコロちゃんが窓の所にちょこんと。
ケロちゃんはちゃんと覚えていたのですが、コロちゃんのことは忘れてました。
これはコーワのキャラクターですね。
昔、ケロちゃんの指人形で遊んだ記憶があります。
以前から待合室の窓の所に置いてあったのは知っていました。
今日なぜ写真が撮れたのは?
実は、午前の診療があと1人だけで、待合室にはうち家族しかいませんでした。なので、遠慮なく撮れました。

採血室には

イス2個の手すりをまたいで、ドラえもんが座っていました。
ちょうど座ると、肘の位置に頭がきます。
なでなでしちゃいました。可愛いなあ。ドラえもん
なぜこんな所にドラえもんが?私には必要ないですが、採血って、怖がる人いますしね。そんな時にドラえもんがいると、少しは気がそれるのでは?
と私の想像です。

アイキャッチ画像はドラえもんにしました。

最後に

私が通院している大学病院では、なかなか出来ないものです。
クリニックならではのこと。
なんだかほっこりしました。

ドラえもんの足がまたがっているので、落ちないように、見えない後ろ側を紐で結んでありました。
ちゃんとした工夫がされているんですね。

一緒に付き添いながら、自分の楽しみも見つけてしまうなんて。

もう、ここで寝ないと明日が大変だあ。お休みなさい。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。