薬は極力飲みたくない、何も言わなければ医師はそのまま処方します2019.8.22

おはようございます。

現在病院へ通院しています。その中で特に最近気付いたとことがあるkazuminです。

先日、主治医より「状態も良くなっているようですね。」検査の結果をみて、こう言います。「じゃあ、同じ量(6mg)で次回までいきましょう。」
「えっ?5mgになりませんか?」
「5mgいっちゃいますか?きっと大丈夫だと思いますが、万が一悪くなった時は、検査もしますから、予約早めて来てくださいね。」と。

医師の考えがありますので、全てが減らせるものではありません。

私の場合、今なら大丈夫だと思えるのです。そんな時に、主治医に言ってみます。

何も言わなければ、2ヶ月、3ヶ月間、同じ量飲みっぱなしですから。

本来ならこの薬は飲みたくない薬です。

今まで、4mgにすると、悪化していたので、これからが要注意です。もちろん主治医もわかつています。

自分で、勝手に減らしたり、やめたりするのは、禁物です。

こうやって、病気と向き合っています。向き合うようになってからは、さほど辛いって、感じなくなりました。

さあ、次の外来日が待ち遠しくなってきました。

気になる方は、是非とも、主治医に相談してみて下さいね。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。