質の良い睡眠7時間以上摂ることが大切であるのを実感した2019.10.10

こんにちは。

本当に質の良い睡眠、最低7時間以上が必要であることを実感したkazuminです。

実は、先週10月に入ってから、毎日の睡眠時間が5時間~6時間くらいになっていました。わかっていたんですがね。通勤時間で20分くらい仮眠(寝ながら)はとれてましたけど。

それに休みの日5日、6日はイベントでした。仕事の時より30分ほど遅かったのが、助かりました。

不調を感じたのは、仕事の質

いつもなら、提出前に気が付き対処出来てました。昨日は、薬剤部に届ける伝票に記入モレがありました。
薬剤部に行ってから、指摘を受けて気付いのです。

薬剤部の方がドクターに確認するまでに時間が要してしまいました。

結局、二度手間。

いつもなら、これ持っていくから、帰りよって来るね。などが出来ています。

やることが中途半端

あっちこっち、手をつけてしまいました。TODOリストが書いていません。
これはなあ。と自分でも、いかんなあと思ってました。

体が持たない

体が疲れて、最後まで持たないんです。
途中で、座り仕事を見つけて、体力温存出来ました。

こんな状態だと、仕事を適当にやっているようで、イヤですね。
手抜きしているみたいで。

体が不調

体のだるさ、なんだか鎧を着ているような、感じになります。
本当にヤバいです。寝ないとです。

自分では、大丈夫だと思っていたけど、もうそろそろ限界に近づいているようです。
こんなことしていたら、昨年のようになってしまいますから。

異常な食欲

これには参りました。はじめは、なんだろう?かと思ったんです。
よーく考えてみると、睡眠不足からの食欲かと。
しっかり寝れた時は、異常な食欲はありませんから。

最後に

どれにおいても、いつもはしっかり出来ていることが、出来ないことがわかりました。

恐ろしいです。これは本当に気を付けないとです。

私の場合、こんなにも症状がでてしまいました。
侮れませんね。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者20年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。