ここの所ボディメイクの記事が書けないのは入院中の食事に問題がありそう2018.12.28

こんばんは。

療養中のkazuminです。

最近、ボディメイク記事がなかなか書けていないのが、気になる所です。
その理由の1つは、入院中の食事がどうしても、低糖質・高タンパク質でないからです。
一般的な病院の食事は、糖質多いし、タンパク質が不足していますので。

病院からの食事を残して、補える代替を持参は出来ません。私は入院の期間中は、病院から出された食事を食べています。
その中で1つだけ、守っていることは、食べる順番です。
最後に炭水化物を食べることです。お茶→野菜→汁物→タンパク質→炭水化物の順番で食べることをしています。

リハビリ病院にきてからは、食堂で食べるので、大学病院にいた時より、ゆっくり食べれています。
みんなで食べると、時に会話をしたり、よく噛むようになってますね。

まだまだ、この入院中の食事まで、たどりついていませんが、なんだかそんな気持ちがあるのです。

ボチボチ書いていきますね。

アイキャッチ画像は今日の夕ごはんです。
金曜日の夕ごはんはカレーの日になっています。
これは私も楽しみです。大学病院では、1度もカレーを食べていませんでした。

後は、火曜日、土曜日の昼ごはんは麺類の日です。
月曜日、水曜日、金曜日の朝ごはんはパン食です。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。