料理作るのが楽しくなってるけど、ついつい味見が増えてしまってるツナといんげんのサラダ2019.3.19

こんばんは。

リハビリテーション病院退院後、料理に目覚めたkazuminです。
以前からはある程度、作る位でしたけど。
今回は、主婦並みです。

全部、手作りだと時間もかかりますからね。そして、素人だとなおさらです。

作っていると、味見しますね。ついついパクパクなんて。出来上がったのを味見したらヤバイことに。今後の課題でもありますね。

kazuminクッキング

ハンバーグ

いつぶりかのハンバーグ作りです。

材料
・合い挽き肉
・玉ねぎ
・にんじん
・おからパウダー
・たまご
・牛乳
・塩
・オリーブオイル
ソース
・トマトピューレがなかったのでトマトケチャップで代用
・しょうゆ

です。

作ったのはいいんですが、玉ねぎ、にんじんが多くなってしまい、おからパウダー、たまご、牛乳、塩が少なかったかな?
次作る時は調整しましょう。

①玉ねぎ、にんじんはみじん切り。おからパウダーを混ぜ、ひき肉、たまご、牛乳、塩を合わせ、よく混ぜる。こねこねと。

②フライパンを中火で熱し、油をなじませて、①をこんがりと焼きあげる。

③ソースを合わせたものを②にかける。

玉ねぎとにんじんのみじん切りに苦労しました。材料が多いと、今の私には少し、体力が必要です。
フードプロセッサーがあると便利かな?時間の短縮にもなりますからね。
これからのことを考えると検討してみよう。

パン粉のかわりにおからパウダーを使って作るのははじめてでした。
いい感じに出来上がりました。

付け合せは昨日の残り、ほうれん草のソテーを。炒り卵を追加して。出来上がりです。

 

ツナといんげんのサラダ

材料
・ツナ缶
・さやいんげん
・マヨネーズ(亜麻仁オイル入り)

①さやいんげんは2cmの長さに切って、ゆでる。
②ツナ缶は汁を軽く切ってほぐしておく。
③①と②を合わせてマヨネーズであえる。

こんな簡単にできるんです。
いんげんのゆで具合がバッチリでした。実は何分ゆでたかがわかりません。時計をみていなかったので。

いんげんのは冷凍のものがありますね。昔だったら、それを使っていました。
ゆでるところからやると、達成感にあふれました。

最後に

ハンバーグを昼ごはんに。
ツナといんげんのサラダは夕ごはんに。
どちらも、時間がかかっても、全部手作りがいいですね。

どちらとも、美味しく出来上がり、家族にも好評でした。やったあ。
これから、復職するようになったら、休みの日に作り置きするようになるかな?今の内に、簡単に作れるようにすることが必要です。

さて、明日は何作るかな?
明日はお出かけなので、あまり頑張りすぎなようにします。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。