ようやく解禁日に購入したボジョレーヌーヴォー『ボジョレーの騎士』飲めたよ!

こんばんは、kazuminです。
11/16に解禁のボジョレーヌーヴォーを2本、当日購入してました。
毎年、試飲はするものの購入することはありませんでした。しかーし、今年は購入したのです、なんと2本もね。

ボジョレーヌーヴォーとは?

毎年11月第3木曜日に解禁される特産品の新酒をボジョレーヌーヴォーという。以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので、ワイン業者が主なる顧客であったが、その後解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、現在ではフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている。

試飲酒だけに通常のワインが出来上がるより早く試飲できなければ意味がないために、ヌーヴォー(試飲新酒)用のボジョレーは、ブドウを収穫したら速やかに醸造してボトルへ詰め、収穫したその年の11月に出荷を済ませる。ヌーヴォー仕様で軽い仕上がりの赤ワインである。

Wikipediaより抜粋

『ボジョレーの騎士』&『ボーフォールエテ』

ボジョレー·ヴィラージュ·ヌーヴォー2017
渋みがあまり感じなく、美味しくいただきました。
この赤ワインはボジョレーらしくないとお店の人が言っていました。
購入したのは、ハーフサイズです。

これにあうチーズも一緒に。
お店の人が言っていました『ボーフォールエテ』といい、夏のミルクで作っていて、チーズのプリンスの呼ばれているそうです。
これもまた、美味しく食べましたよ。固めで、味が濃厚でした。
いつも食べているのがカマンベールチーズなので、固く感じたのかも?しれませんね。

ワインストッパー&ポアラー

お店での試飲で使っていました。ワインの酸化を防ぐことができて、スムーズに注ぐことができます。おすすめです。

気づき

·今回、お店の人に聞いたり、自分で調べてみてわかったことばかりでした。
初歩的なことも知らなかったんだあと。
·お酒の中でも、ワインは好きな方であっただけ。
ボディメイクをやりはじめてからは、赤ワインを飲む機会が増えています。あえて、選んでいます。と言った方が正解ですね。

·解禁日に購入して飲む気マンマンで帰って、コルクをあける道具がみつからず、お預けになっていたのです。
昨年まではあったはずなんですがね。まあ、家飲みをほとんどしないもんで。
ちゃんと、ウィングコルク抜きとカラーワインストッパー&ポアラーを土曜日に買ってきました。
こんな便利なもがあるんですね。

最後に

これをきっかけに、赤ワインがもっと好きなりました。これからは知識も増やして、飲んでみたいですね。
楽しいです、ワクワクしてきます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

via PressSync

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。