最近iPhoneで写真を撮ることが楽して、さらに学びたく2018.10.7にShinya B Watanabeさんの写真ワークショップを受けてきました

おはようございます。

kazuminです。

日曜日に『iPhone・一眼&ミラーレス中級- 現像・レタッチ・SNS作法』を青山でShinya B Watanabeさんの写真ワークショップに参加してきました。

iPhone写真術入門-撮影・構図・レタッチは9/6に受けました。

今回の参加者の内、私含めて5名は前回の入門編の時と変わらないメンバーでした。1ヶ月後の再開で嬉しいです。
その他の2名は、昨年の6月にiPhoneでモブログの講座でご一緒していた方でした。
これまた、偶然。なんだか嬉しくなってきました。この繋がりが最高です。

この講座での気づきは?

自分の写真を通して何を伝えたいか?

今まで、そんなこと考えていなかったですね。

目的を持って撮る

技術ではなくて
準備→撮影→レタッチなんです。

これは、特に響きましたね。
どれにも共通することなんです。
なんでも準備をしっかりやらないと、上手くいですものね。

光が上手くあたってることが重要

これ、難しいですね。

たくさんの気づきがありましたが、頭がパンパンなので、これくらいにしておきます。

ワークショップ中のShinyaさんを撮ってみました。

最後に

ワークショップの後、南青山から渋谷までの撮影会・そのあと懇親会でした。

こちらの記事はまた後ほどにて。
写真を沢山撮りました。

Shinyaさん、素敵なワークショップありがとうごさいました。
目からウロコ、知らないことばかり、今日のワークショップで更なる課題も多々ありますが、楽しんで写真を撮って行きます。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうごさいました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者20年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。