病院の食事になってしまったので、ボディメイクではないけど、食事をアップしていきます2018.11.1-488日目ボディメイク報告です-

おはようございます。

緊急入院して2日目を迎えたkazuminです。
入院しているので、食事は勝手に時間になったらで出来ます。ボディメイクの食事ではありませんが、病院食をアップしていきます。
病院食って、こんなものなんだあと、わかっていただけたら嬉しいです。

さて、本題のボディメイク結果は?

体重は-0.2kgでした。
入院中なので、体脂肪率が測れません。
この体重減ってるのは、喜べません。
この先どうなっていくのだろうか。

写真は昼ごはんです。メニューは、
・全粥
・鶏肉のチーズ焼き
・さつまいも煮付け
・ゆでキャベツ
・オレンジ
・ヨーグルト
おやつ
・とけないアイスクリーム風デザート
です。

最後に

お昼ごはんはたくさんあり、お腹もすきはじめていることもあり、お粥以外はほぼ食べられるようになりました。
美味しく感じられるのが、嬉しいですね。
食べるのに、苦労するんです。
お箸を長く持っていられない。切り口を開けることが出来なかったり、開けられても時間がかかるんです。

後は、食事だけでも、疲れます。今の所、やっとのことで、食べてます。
ベットupしてもらわないと、体支えられないほどです。

おやつのアイスクリーム風は甘くて、アイスとは違って、フワフワなんです。
全粥の患者さんにはおやつ15時につきます。

これだけ3食食べたら、だんだんと肥えていくことでしょう。
早く退院出来ると嬉しいです。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

アバター画像

村田 佳寿美

2024年4月より地域密着型デイサービスにて生活相談員兼介護士として勤務。2023年8月より介護事業所認知症型通所介護デイサービスにて介護士兼生活相談員として勤務。医療従事者24年、大学病院・クリニック・一般病院・急性期総合病院に勤務していました。ケガをしたり病気になったり、患者経験もあり、その経験が仕事に活かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。
このブログでは、私自身の経験、健康な身体づくり、介護職側や利用者家族側、医療従事者側や患者側の両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
このことが、他の方に参考になれば、幸いです。

介護福祉士
がん支援センター相談員基礎研修知識確認コース受講修了
健康管理士一般指導員/健康管理能力検定1級
BLSプロバイダーコース