ウイルス感染症で体全体痛くてだるい入院生活2日目2018.11.1のこと

おはようございます。

kazuminです。

緊急入院して朝を迎えました。
比較的、良く寝られたようです。抗生剤ゾシン1日3回、ソルデム3A1日1本でスタートです。
幸い、食事が摂取できることが、助かります。消化器症状の時は、食べること、飲むことも出来なかったことを思えば、食べられるのはいいですね。

念の為、今日もインフルエンザチェックをしました。
あのグリグリ痛いです。いやですね。

後で、鼻かんだ時には、少しだけ出血してました。

昨日に比べれば、痛みも少しはマシになっています。

特にイベントことはないので、起きたり、寝たりでした。食事で起きて食べ終わり、薬を飲むまでに時間がかかります。
普通なら、薬も自己管理なので、食事終われば、さっさと飲んで、歯磨きとなるのですが。
そうもいきません。
受け持ちナースが、配薬にきます。たいがい、その時に歯磨きをベッド上でやります。

ちょこちょこ受け持ちドクターが訪室し、いろいろ聞いてきます。
ちょうど、昼ごはん前に、呼吸器内科の主治医が訪室してくれました。
そう、入院していたのは知っていたんだけどね。

あれから、調子が悪くなっちゃったんだね。
いろいろ話し、喘息の注射は、『ヌーカラ』に戻そうと思うの。もう一度『ファンセラ』にしてもいいけど、万が一のことがあると、心配なのでね。

私も『ヌーカラ』に戻してもらおうと思っていた所なんですと。
あとのことは、S原Dr.に任せたからね。

体の痛み以外に、しびれや、筋力の低下があることに、担当医S原は気になったようです。

明日、神経内科のドクターにコンサルしてみるからと。
うーん、なんだろうか?何か神経内科の病気を疑ってるんだね。

とにかく、おまかせします。

今晩も寝れかな?きっと大丈夫。

あっそう、インフルエンザは大丈夫でした。
ホットしましたよ。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。