嬉しかったことがリハビリでの筋トレでスクワットをした時のこと、形がとてもキレイだと褒められたこと2019.1.20

こんばんは。

kazuminです。

今日もバランスよく午前、午後とも理学療法士と作業療法が1つずつありました。そして、歌会のイベントもありました。こちらも参加しました。

朝からスッキリした目覚めでした。
少しいつもより早めの起床時間でした。睡眠時間も7時間を切っているのが、気になりますが、スッキリ目覚めたのだから、様子みますね。
途中で眠くならないといいのですが。

ラジオ体操参加

いいですね。全身が暖まります。以前より可動域が、広がったんです。
これって嬉しいじゃいないですか。

折り紙でカッパ作り

下から3段目までが出来ありました。地道な作業ですが、足部分がわかりました。

お茶入れは久しぶり

二人分のお茶入れをして、熱々で飲むまでが大変だった2人でした。なにせ、受け持ちさんも私も猫舌なんです。沸騰した水でやるので、暑すぎますからね。

歌会に参加

伴奏付きで、4曲の歌を歌いました。
どの曲も知っていましたが、思い出した歌もありました。
『幸せなら手をたたこう』『ふじの山』『北風小僧の寒太郎』『いい湯だな』『故郷』です。
どれも昔、よく歌った歌です。
楽しみながら、歌えました。
デイケア委員のメンバーであったことは大きいですね。歌っていてこの曲はあの時歌ったと、思い出しました。
4曲歌うと、結構疲れるんです。
歌うこともリハビリの1つなんですね。

スクワットで褒められた

タイトルの通りで、理学療法でのひとコマ。ここの所、スクワットが毎日入ってきます。
スクワットはボディメイクしている時、筋トレは必ずやっていましたからね。嫌いではありません。
それを、褒められたんです。
これ、めちゃくちゃ嬉しいですよ。
受け持ちさんからは、まだ褒められていないなあ。でも、やっていた頃の筋肉の使い方がよみがえってきたのでしょう。
ドンドンやっていきますからね。

今日のリハビリは、こんな感じでした。もうリハビリ病院にきて、1ヶ月過ぎたので、スタッフ、患者さんとも仲良くなってきました。受け持ちさん以外でも、日常の姿をみてらっしゃてるのが嬉しいです。

明日はどんなことやるのかな?

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。