交通機関バス・電車を利用して受け持ちの理学療法士さんと阿佐ヶ谷へ15時から17時まで行ってきました、まさか階段だらけになるとはね2019.1.22

こんばんは。

リハビリテーション病院で療養中のkazuminです。

はじめに

バス・電車を利用して出かけるにあたって、リハビリでそれに耐えられる筋力・持久力をつけてきました。

私の通勤手段として、バス・電車であるため、それを取り入れてくれました。これはとても有難いです。

この日のリハビリは、午前中に作業療法、午後がこの外出にあてられます。

13時45分から4階のお風呂へ入って来ました。1人では2回目なので、勝手がわかり4階でも『行ってらっしゃい』と声がかかります。なんだか、嬉しいです
今日は、1人っきりだったはず。2階の方は今日、退院だったからね。
そのせいなのか、それほどのんびり出来ないのに、のんびりとしてしまいました。

身支度をして、15時に病棟を出ました。いつものリックを背負い、ブーツを履き、コートを着て、出かけました。

行きのルートは?

病院からバス停まで徒歩10分位です。お天気もよく、風もほとんどありませんでした。私にとっては、寒くありませんでした。特にお風呂で暖まった後なせいか、暑く感じました。

渋谷から来るバスだったので、少し到着が遅かったです。運良く席が空いていたので、座りました。
はじめて乗る所だったので、回りをキョロキョロしちゃいました。
私、乗り物好きなんですよね。途中から、地下鉄沿いに走っていることがわかり、ある程度の予測が出来ました。
南阿佐ヶ谷駅付近から阿佐ヶ谷駅までは、歩いたことがあるので、懐かしく感じました。
後、帰りに歩いてくることもあり、じっくりみちゃいました。

阿佐ヶ谷駅に到着

お!3ヶ月ぶりの駅付近。なんだか、もっと経っているかのようでした。
以外に人が多いのに、びっくりでした。

正面玄関から入ると言っていたので、私がいつも通っているルートではなく、道なりに歩いて行きました。

私の行先はどこ?

正面玄関と言ったので、おわかりになったかもしれませんが、私の職場の総合病院です。

受け持ちのリハさんが警備の方は行ったことがあると言われたので、正面玄関から、是非とも入ってもらいました。
そこから、階段で、2階、3階と。この階段が高いのです。
しかし、登った時にそれほど高く感じなかったのです。
リハビリで階段練習はかなりやっていた成果ですね。

自分の部署や、支援部署へ

いやー!どうもです。ご迷惑おかけしてますって。なんだか、不思議な感じでした。スタッフの人数が少ないので、挨拶できる人は少なかったです。
気になっていた、休憩室の棚、冷蔵庫の中身、必要なものは、リックの中へ。

後はロッカーへ

鍵は総務で借りなくて行けなくて、そこも階段で。今日は階段づくめでしたね。ロッカーへ行き、いつも履いていたシューズをとってきました。
今思うと、10/23仕事終わりに制服を新しいものに取り替えておいて良かったあと。
また、総務へ鍵を返しに、階段。
ローソンの店長にも会えて、嬉しかったです。

病院を後にしました。

また、来るからね。

病院から、南阿佐ヶ谷駅まで徒歩10分位ですかな。なんとなーく、だるい感じが出できましたかな。
電車もすぐに来て、座れました。ここもラッキー。まずは中野坂上駅まで。そこでまた乗り換え、目の前の電車に乗るだけですが。ここでも座れ、ラッキー。反対側からドサーっとたくさんの人が、乗って来ました。もう席がうまりました。これは本当にラッキーでした。
終点の方南町駅に到着です。
ラストの階段、高さはさほどなかったので、行けるって思いました。結構長さがありました。甘くみちゃいました。最後は手すりにつかまって歩くハメになりました。

ラスト、ここから歩いて10分程で到着します。
おー、計算ずく。すごーい!17時ぴったりに到着しました。
さすがに、疲れましたね。それでも、達成感の方が勝りました。

病院に、向かう途中の方は夕日がとてもキレイだったので、写真を撮りました。

レタッチ前の写真

レタッチ後で電信柱を削除する前の写真

リハビリテーション病院に到着

2時間の外出から戻って来ましたよ。お疲れ様でした。なんだか、受け持ちリハさん(Kさん)の方が、お疲れよようです。だって神経使いますものね。
ありがとうございました。私は自信に繋がりました。

きっと今日は疲れて、バタンキューかな。とにかく、荷物片付けて、夕食まで、少しまったりしました。

夜はなんだか、落ち着きなく、なかなか寝られませんでした。
23時過ぎには、うとうとしてきました。

最後に

人それぞれ、交通機関を利用して外出は違うそうです。
1番多いのは、さほど遠くなければ、退院後に通う病院だそうです。
確かに通院しなければいけませんからね。

退院までの間に、外泊することもありかかな?
頑張りましたよ。Kさん、kazumin!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。