重慶飯店本館でShinya B Watanabeさんとユキコさんのサンキューの会(結婚パーティー・第2弾)を楽しんできた2019.3.9

こんばんは。

kazuminです。

待ちに待った3月9日サンキューの日(Shinya B Watanabe)さんとユキコさんの結婚パーティーです。

この日の午前中は、リハビリ通院。その後、中華街へ。場所は重慶飯店本館です。
中華街は何年ぶりだろうか?何十年ぶりと言った方がいいのでは?

当初は遅れての参加でした。
リハビリ外来がスムーズに終わり、電車が1台早く乗れました。
新宿三丁目駅から元町・中華街駅まで、座れたので、楽チンでした。

元町・中華街駅を降りて、地上に出るところで、ばったり美奈子さんと、お会い出来ました。
行くにも心強い。道に迷わず、到着することが出来ました。

私は着替えをするので、トイレでドレスへ着替えました。
この時に思ったのですが、リハビリ終わった後に、病院のトイレで着替えておけば良かったのかな?まあ、とにかく、着替えられてホットしました。

着替えている間に、乾杯がすんでしまったのです。うわ~残念でした。
嬉しいことにトイレにいても、話しているのがきけて、良かったです。

1年半ぶりのドレスを着ました。やっぱり、足元がスースーします。膝丈なのでね。
お気に入りのドレスを着れるのも、いいですね。滅多にないですから。

急いでいたから、入口のサンキューの会を撮り忘れてました。

緊張していたのか、久しぶりの集まりだったからなのか、はじめは、いつもの自分らしさではなかったです。

とにかく、久しぶりに会うけれど、近況はよく知っているから、また楽しいですね。

本日の大失敗は、食べること、喋ることに夢中で、料理を撮っていません。
何だか気が焦っていたのか、料理の写真、飲み物の写真がありません。

いいんです。そんなこと。とにかく、楽しめました。

いつもは緩い糖質制限をしています。
でも今日は、食べようと決めてました。
とにかく美味しいと言われている麻婆豆腐を単独で食べました。ピリ辛でしたが、本物の麻婆豆腐の味でした。
次は、麻婆豆腐を炒飯にかけて食べました。これはめっちゃ美味しいかったです。辛さが軽減され、私には良かったです。2杯もいただいちゃいました。
杏仁豆腐が美味しくて、4杯も食べちゃいましたよ。

飲み物は、薬の関係で、アルコールを控えめにしなくてはいけないので、ワインを2杯だけ飲みました。とても飲みやすく、美味しいかったです。後に残らないところが良かったです。ちょうど良かったみたいです。あとは烏龍茶とお水です。
ワインはShinyaさんの持ち込みの日本産でした。
ワインは2018年9月以来ですね。
それでも美味しく、飲めました。

私のことを知っている方々から、元気になったんですね。と。とても嬉しくなっちゃいました。
入院中のことをブログ書いていたからね。
いろんな繋がり、楽しめました。
美味しい料理、本物の中華料理が楽しめました。

あまかずさん、ShinyaさんのDJ、楽しめました。
2人とも、懐かしい曲のDJだったので、歌たったり、踊ったりしました。
年代がバレてしまいそうです。
ユキコさんも踊ってましたね。とっても上手なんです。そして、Shinyaさんとのやり取りも楽しそうだし。こちらまで、嬉しくなっちゃいます。

あっという間に時間が過ぎてしまいました。
参加出来て、嬉しかったです。はじめは、大丈夫かな?体持つかな?少し遠いし。なんて、思っていました。

そんなことない、とにかく、みんなと楽しめたことが、何より嬉しかったです。

皆さんで集合写真です。

もう少し行ける方と楽しみたいかったので、二次会まで行っちゃいました。
ジャスミン茶を頼みました。入ってきた入れ物とジャスミン茶花が素敵でした。

あれだけ食べたので、お腹も空いていませんでした。体も少しきつくなってきたので、三次会は行きませんでした。できたばかりのすしざんまい、行きたい気持ちもありましたが、体のことを優先にしました。

行きに撮れなかったので

家に帰ってからもお風呂に入るまで興奮がさめませんでした。
結局、お腹も空いていなかったので、プロテインだけでした。

そのまま、バタンキューでした。

サンキューの会(Shinyaさんとユキコさんの結婚パーティー)、お陰様で楽しい時間を過ごすことが出来ました。そしてご一緒した皆様、ありがとうございました。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。