さすがに退院後の生活が緩んでいる早いうちに直さないと、なおすきっかけは睡眠アプリのSleepMeisterから2019.2.19

こんばんは。

kazuminです。

ここの所、生活のリズムがよろしくないんです。
これは早めになおさないと、後で大変なことになりそうです。

2月に入ってから、睡眠アプリのSleepMeisterを導入しています。
今までも気にしていてました。とりあえず、やってみようと思ってからは、なんで早くにいれなかったんだろうと、思っています。

うわ!これはなかなか使ってみると、よくわかりますよ。
これをみていると、しっかりと睡眠時間と入眠潜時がわかるのでね。

さすがに今日はもう寝落ちしそう。ていうか、寝落ちしてるよ。なので、今日はここで、おしまいです。
では、おやすみなさい。

午後出かける前の空の1枚です。

今日も最後まで、読んでいただき、ありがとうございます。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。