リハビリ外来は1週間に1度で、桜の咲き具合、散り具合が楽しめた2019.4.13

こんばんは。

リハビリ外来に行くのが、楽しみになっているkazuminです。
1週間でいろいろな変化があります。

外来の看護師さんとも変わった様子はないか、仕事復帰のことなどを話しします。

主治医からも、仕事復帰しても継続してリハビリ外来を受けてもらうといいね。
てっきり私は、仕事復帰したらリハビリは終わりなのかと思っていました。
それでもいいらしいんだけど。

外来で待っている間、入院していた時のスタッフさんと顔を合わせることがあります。
うわー、元気そうだね。仕事復帰はいつから?絶対無理しちゃいけないかなね。と嬉しいお言葉をいただけます。
後は、いつでも待っているからね。
仕事はあるよ。だなんて、冗談まじりで話せることがまた嬉しいです。

リハビリでは、少しずつ仕事復帰のことを考えて、より実践的になりました。
理学療法、作業療法とも、仕事したらこんなことをやるよね。生活の上でも必要なこともやってみようと。

上のものをとる、逆に上にのせるなど、それを重りをつけてやりました。
それに対し持久力も必要になってきますから。

ジョギング、リハビリ外来から受付の辺り3週、休憩入れながら、もう2回とか。
スクワットが基本で、スクワットの状態で、左右、前後の動きを10回✖️3セットをやります。

これをやると、じんわり汗をかきます。今後は、もっと汗をかきそうです。

こんな感じで、終わります。

来週はどちらも受け持ちさんがお休みなので、かわりの方です。
そのかわりの方もやっていただいているので、大丈夫です。

今日の感覚も良かったので、普段の生活にも良さそうです。

いつもは帰りに善福寺沿いを散歩して帰ります。今日は行くところがあるので、そのまま行く場所へ。
うつりかわりがみたいので、いつもより、早めにきて、散策しました。

桜が散っていても、綺麗でした。
カモ、しらさぎにもちゃんとあってきましたよ。

来週はどんな風景になっているのでしょうか?こんな楽しみをしながら、リハビリ外来に通院しています。
しっかり晴れてくれたのが、嬉しかつたです。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者19年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。