もやしと豚ひき肉豚こま切れが残っていたのでシャキシャキ♪「もやしとひき肉のスタミナ味噌炒め」を作ってみたらウマウマで止まらない2020.8.23

こんばんは。

日曜日のこの1日は、家から1歩も出ないで、まったりしたkazumin(@kazumi16com)です。

こんな日も必要ですね。なので、お昼ご飯は昨日の夜の残り物にプラスして、ささっと終わられせました。

夕ご飯はギリギリに決めて、ネット検索して、このシャキシャキ♪「もやしとひき肉のスタミナ味噌炒め」Niadiaに決定しました。

思っていたより、ささっと出来ました。

もやしは絶対に今日食べておかないと、傷んでしまうし。中途半端に残っていた豚ひき肉、必要とする量が足らず、残っていた豚バラ肉をプラスすることで、調達出来ました。

このレシピを参考に作りました。

刻みネギをパラパラとのせると、彩りもキレイに美味しくみえますね。

シャキシャキ♪『もやしとひき肉のスタミナ味噌炒め』
”もやし”を使った ご飯がすすむガッツリメイン。 使う食材は、”豚ひき肉”と”もやし”なので 包丁いらずでラクラク♪ しかも、もやしが シャキシャキ食感に仕上がります。 その秘密は”ごま油”と ”タレを加えるタイミング”。 ごま油をまぶして水分の蒸発を防ぎ タレはひき肉に絡めることで もやしが素早く炒められ シャキシャキ食感に仕上がるというわけです♡

困った時には、プライパン1つで出来ますよ。是非、作ってみて下さいね。

ひき肉を炒めてる所

もやし投入して炒めてる所

少し残ったもので、冷奴の残りを入れて、食べてみましまよ。これまたウマウマでした。

簡単にちょっとした工夫で美味しくなり、ハッピーな気分にしてくれますね。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者20年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。