ドライアイ[シェーグレン・症候群]コンタクトレンズからメガネに変えて2ヶ月たった今正解でした2021.1.13

おはようございます。

ドライアイになる免疫系疾患[シェーグレン・症候群]を患っているkazumin(@kazumi16com)です。

2020年11月初旬、仕事の日は、遠近両用コンタクトレンズを装着していました。
お休みで用事がない休日は、遠近両用メガネをかけています。
質の良いうるおいがあるコンタクトレンズでも、1日装着していてもけっこう、目が疲れてしまい、乾燥が気になります。

コンタクトレンズからメガネにかえて2ヶ月経って、どうだったかを書きました。

ドライアイでコンタクトされている方、ご参考になれば嬉しいです。

結果は?

最初に結果を言ってしまいますね。
コンタクトレンズからメガネかえて2ヶ月以上経った2021年1月13日現在、目薬は継続しています。
乾燥はありますが、コンタクトレンズが装着できないことはなくなりました。


結果はメガネにかえて、正解でした。

まだまだ、メガネ生活で過ごすことにしています。
いつまで、メガネ生活を送るのか?は未定ですが。
コンタクトレンズ代がかからないのは、嬉しいですね。

コンタクトレンズからメガネにかえるまでの過程

2020年の11月に入り、乾燥を感じるようになってきました。
体全体から感じてますが、目の乾燥が強くででいるようです。

さらに12月になると、乾燥が強くなり、1日コンタクトで過ごすことが、難しくなりました。

コンタクトレンズが装着できない

2020年11月9日月曜日の朝、いつものようにコンタクトレンズを装着しようとしました。
ところが、装着液をつけても、なかなか目に入りません。
いつもなら、時間をおくと、装着ができました。でも、今回は無理でした。
仕方なく、あきらめて、いつも家でかけている遠近両用メガネをかけて、出勤しました。

マスクをした状態でのメガネが久しぶりになります。曇ることが、いやでしたが、思っていたほど、気になりませんでした。

メガネ生活に慣れるには、たぶん1ヶ月位はかかるかな?とりあえず、できる所まで、メガネ生活にしていこう。

目薬さすのにメガネをはずさないといけません

目の渇きが半端なく、点眼薬2種類をさしています。
そこで、思ったのです。
コンタクトレンズの時は、そのまま目薬をさせますが、メガネでは、1度メガネをはずさないと、いけませんね。
これがまた、マスクのひもにからんで、めんどうなんですよ。
これも慣れるしかないのですね。

最後に

コンタクトレンズからメガネにかえて、よかったです。1ヶ月もしない内に、メガネ生活にも慣れてきました。

コンタクトレンズ代がかからないのです。いつもは3ヶ月ごとに、コンタクトレンズを購入していました。
30枚入り¥6,180税抜×6箱=¥37,080税抜¥40,788税込
メルマガクーポン20%引き¥7,416
まとめ割引¥500
トータル¥33,472税込が必要なくなりました(2020年9月現在)

乾燥もまだまだ続いているので、メガネ生活を継続していきます。

ドライアイでお困りの方でコンタクトレンズ装着している方、いかがですか?
メガネにかえてみること、オススメしますよ。

自己免疫疾患であるシェーグレン・症候群の解説はこちらです。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村田 佳寿美

医療従事者20年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。