この暑い時期でも湯船につかると安眠で翌日が楽になっいる 寝ることに問題がある方は試してみてはいかがですか?2020.8.27

こんばんは。

気が付けば、今年2020年は、ほぼ毎日湯船につかっているkazumin(@kazumi16com)です。
昨年までは、疲れきって、バタンキューして、下手したら翌日シャワー浴びるなんていうこともありました。

ものくろキャンプグループセッション時に、ブログ記事へフィードバック(アドバイス)が得られます。この記事は、メンバーよりフィードバックをいただき、それを基にリライトをしました。みなさんありがとうございます。

はじめに

実際、湯船につかることを習慣化するまでに3ヶ月くらいかかりました。
習慣化してしまえば、ルーチンになってきますからね。

習慣化するのに3ヶ月もかかってしまったことは、別記事にしてみます。

湯船につかることのメリットとデメリットを書いてみましました。

湯船(ぬる目)に入るメリットは?

・疲れがとれる。
・気持ちいい。
・リラックスできる。
・足が軽くなる。

この時期は、ぬる目(37℃~40℃)の湯船に入ると、出た後の汗のかき具合が、さほどではありません。
熱いと、なかなか汗がひかず、せっかくのお風呂あがりが気持ちよくありません。

湯船に入るデメリット

・お湯を沸かさないといけない。
・湯船を洗わないといけない。
・時間がもったない。
・めんどくさい。
・水がもったない。

だからシャワーでいいんですよ。特にこの夏の時期は、シャワーでも気持ちいいですよね。

結果は?

ぬる目の湯船につかることで、気持ちよくなり、リラックスできます。
何より、翌朝が楽になってるんです。寝起きもいいかな。
安眠に繋がります。

逆に熱い(42℃以上)と、交感神経優位になってしまいますので、注意です。

次の日のことを考えると、ぬる目の湯船につかることが良さそうです。

まとめ

ただいま湯船から出できた所です。少し沸かし過ぎてしまった所が失敗でした。出でから、涼みました。
気持ちよかったですよ。

まだ、シャワーだけですませている、あなた。是非とも、ぬる目の湯船につかってみて下さいね。
きっと、違うと思いますから。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村田 佳寿美

村田 佳寿美

医療従事者20年目になり、現在急性期病院に勤務しています。ケガをしたり病気になったりと、患者経験もあり、その経験が仕事に生かせています。いつの間にか人と関わることの楽しさを覚えてました。

このブログでは、健康な身体づくりボディメイクのこと、医療従事者側、患者側、両方からの目線での気付き、日常生活の記録などをアウトプットしていきます。
文章を書くのが大の苦手なため、読みにくいことがあると思いますが「質より量より更新頻度!」で書きます。

どうぞ気が向いた時でいいので読んでいたただけると嬉しいです。